これが西海岸の音だ!The Documentary 2

車内で葉巻を口にくわえたメウビッシュ

ヒップホップヘッズのメウビッシュです。

大好きなラッパー The Game ( ザ・ゲーム ) の二ューアルバム「 The Documentary 2 ( ザ・ドキュメンタリー2 ) 」が、4度の発売延期のすえ、ついにリリースされた。

  1. The Documentary 2 ( 2015年10月9日発売 )
  2. The Documentary 2.5 ( 2015年10月16日発売 )
  3. The Documentary 2 & The Documentary 2.5 ( 日本盤特別仕様 2枚組アルバム ボーナストラック3曲追加 2015年11月25日発売 )

2枚組日本盤アルバム「 The Documentary 2 & The Documentary 2.5 」を予約注文し入手。

この記事では、西海岸の狂犬 The Game のアルバム「 The Documentary 2 」について、気持ちをぶちまけたいと思う。

Dr. Dre “Detox” なみに…

全世界で約500万枚さばいた(注)という、名盤として名高い The Game のデビューアルバム「 The Documentary 」の続編ということで、気持ち的には Dr. Dre「 Detox 」なみに待った

注) 全世界で約500万枚さばいた

The Game のデビューアルバム「 The Documentary 」は、発売第一週で58万6000枚をマーク。
2005年のヒップホップアルバムとしては第3位の記録。
アメリカで約250万枚。
全世界では約500万枚の売り上げをマークした。

ストリートギャング Bloods 出身 The Game の葛藤

The Documentary 2 のアルバムジャケットは「 Crips ( クリップス ) Bloods ( ブラッズ ) が争う街で生き抜く葛藤を表現した 」という。

バンダナ柄ディスクもオシャレだ。

怒涛のレコーディング

The Game は「 The Documentary 2 」のために、600~700曲レコーディングしたという。

名盤の続編だけに、すさまじい気合いだ。

ザ・ドキュメンタリー2 チャートアクション

チャートアクションをみてみよう。
全米アルバム総合チャート 初登場2位。
5作目のトップ3。

米R&B/Hip Hop Albums チャート 初登場1位。
7作連続1位。

しかし初動は10万枚にも届かなかったようだ。
自身のレーベル Blood Money からのコンピレーションという位置づけとした「 Year Of The Wolf 」をのぞけば、自身のアルバムとしては、初動売上過去最低、という、大作としては、意外な実売に落ち着いたという。

音を聴いた感じ、自分の印象としては、2015年を代表するヒップホップアルバムといえる。

Meubish お気に入り曲

特に気に入ったのが以下の曲だ。

■The Documentary 2

  • Don’t Trip
  • Dollar and a Dream
  • Made In America
  • Circles
  • Summertime
  • The Documentary 2
  • 100
  • Ryda ( 日本盤特別仕様 2枚組アルバム ボーナストラック )

■The Documentary 2.5

  • Gang Related
  • Up On The Wall

音的に「 The Documentary 2.5 」のほうは、全体的に、あまり好みではない。

ただ “Gang Related” という曲は、最高に好きで、超聴いてる。
この2枚組アルバムのなかでも、いちばん聴いてる。
哀愁系トラックに、ザ・ゲームのハスキーボイスが光る、名曲だ。

音ネタ サンプリング

使用ネタをいくつかみてみよう。

■The Documentary 2

  • Erykah Badu「 On & On 」
  • Gang Starr「 Step In The Arena 」
  • Cypress Hill「 The Phuncky Feel One 」
  • The Notorious B.I.G.「 Kick In The Door 」
  • Brandy「 I Wanna Be Down 」

音ネタをみていくと Game’s Pain ( アルバム LAX に収録 ) のように、先人や90年代の音楽シーンをリスペクトしたつくりとなってもいる。
アルバムの流れやバランスもすばらしいと思った。

Dr. Dre & DJ Premier

「 プリモにドクター・ドレーも いまだにやってくれるぜ 」

タイトルトラックの「 The Documentary 2 」は、ひときわカッコイイ印象を受けた。

DJ Premier ( ディージェイ・プレミア ) プロデュース曲、ということで、納得のカッコよさだ。
10年越しの続編のタイトルトラックだ。
The Game のラップも相当気合いが入っている。

Don’t Trip という曲で Dr. Dre がラップでゲスト参加しているが「 The Documentary 2 & The Documentary 2.5 」に Dr. Dre プロデュース曲は、なし。

この点は残念だ。

The Documentary では Dr. Dre プロデュース曲が、たくさんあったからね。

■Dr. Dre プロデュース曲

  • Westside Story
  • Higher
  • How We Do
  • Start From Scratch
  • Don’t Worry

ヒップホップの偉大な巨匠がつくる最高のヒップホップビートに、コンプトンのプリンスの最高のラップ。
The Documentary は、10年経った今でも、クソドープだ。

The Documentary か? The Documentary 2 か?

今回の10年越しの「 The Documentary 2 」力作だと思うし、だいぶ好きだけど、自分は、若さ、勢い、キレと、よりドクター・ドレー色の強い「 The Documentary 」のほうに軍配、といった感想。

Executive Producer に Dr. Dre & 50 Cent ( フィフティーセント ) を従えた「 The Documentary 」は、やはり、特別なアルバムだと感じた。

The Documentary 2 での The Game のラップには “落ち着き” のようなものを感じた。

“熟成された” というか。

アルバム1枚通して、全曲聴きたい感じ。
曲間、曲の流れなども、かなりこだわってつくられているように感じた。

ドクター・ドレーの反対意見

Dr. Dre は The Game が「 The Documentary 2 」を2枚でリリースするのに反対だったそうだ。

「 今のリスナーは関心が長続きしない 厳選して1枚でだしたほうがいい 一度に大量に曲をだしても飽きられる 」と。

ザ・ゲームがドクター・ドレーの意見を押し切って逆行するのは、めずらしい。

One Night って曲では「 Dr. Dre のアドバイスを最初から聞いておくべきだったぜ 」と、ライムしてたけど。

Dr. Dre の反対意見を押し切るほど「 The Documentary 2 」へ強い思い入れがあった、ということだろう。

ラッパー ザ・ゲームへの思い入れ

それとおなじように、自分にも、この西海岸ヒップホップの救世主 The Game には、強い思い入れがある。

もう何年も The Game の曲を聴かなかった日はない。

The Game の大ファンだ。

ゲーム、今回も、すばらしいアルバムをありがとう。

公開日:2015/12/28
更新日:2017/06/30