64DD ゲームコンテスト マリオアーティスト甲子園で入賞

ゲーム大好き、メウビッシュです。

今から約17年ほどまえの話だ。
16歳の少年のもとに、任天堂とリクルートの合弁会社「 ランドネットDD 」から電話がかかってきた。

ゲームコンテストでの入賞を知らせる連絡だ。

この記事では、私メウビッシュが NINTENDO64 ( ニンテンドウロクジュウヨン ) の周辺機器 64DD ( ロクヨンディーディー ) を使ったゲームコンテスト「 マリオアーティスト甲子園 」で入賞した話について紹介していきます。

64DD

任天堂のゲームハード NINTENDO64 の周辺機器で「 64DD 」という周辺機器がある。

NINTENDO64 の本体の下に取り付けて使う磁気ディスクドライブだ。
磁気ディスクドライブに専用のディスクを差し込みゲームをプレイする。

64DD を手に入れるには、会員になる必要があった。
会員制という形態をとり「 10万人限定 」というところを、実際の会員数は “1万人前後” だったといわれている。

ゆえに、出回っている数がたいへん少なく、かなり貴重、かなり入手困難な幻のアイテムとして 64DD はゲームファンの間で知られている。

会員制通信サービスの運営元は、任天堂とリクルートの合弁会社「 ランドネットDD 」だ。

幻の1万人

私はランドネットの会員、1万人のうちのひとりだった。
64DD を手に入れるには「 クレジットカード 」という、16歳の少年にはきびしい条件があった。

母にお願いして、なんとか手に入れた。
ゲームが ( 任天堂が ) 大好きだったからだ。

会員になってまで 64DD を手に入れたのだから 64DD を手にした会員は、よっぽど熱い任天堂ファンだといえる。

64DD を手に入れた理由

「 スーパーマリオやゼルダの伝説の新作が 64DD でプレイできそうだ 」

という期待も理由のひとつだ。

“10万人限定” と、あおられた効果もある(笑)。

ゲーム性でいえば、時計機能を内蔵しているなど「 斬新 ( ざんしん ) でおもしろそうだ 」という期待もあった。

「 ひさしぶりにプレイしてみると いつの間にか地面に草が生えている 」

時計機能のおもしろさだ。

しかも 64DD でインターネットができる。
当時の2000年ごろとしては画期的なことだった。

64DD は、夢がたくさんつまった NINTENDO64 の周辺機器だった。

“64DD ゲームコンテスト マリオアーティスト甲子園で入賞” の続きを読む