メウビッシュとオジロザウルスの対面を振り返ってみる

ヒップホップ大好き、メウビッシュです。

OZROSAURUS ( オジロザウルス ) MACCHO ( マッチョ ) さんのラップを初めて聴いたのは、11年前。
Zeebra「 BASED ON A TRUE STORY 」に収録の “男の条件” という曲だったと思う。

MACCHO「 メウビッシュ 知ってるよー 」

そのころは、こんなシチュエーション、想像もしなかった。

横浜 DRAGON CLUB へ

2011年7月24日。
DJ FILLMORE ( ディージェイ・フィルモア ) さんからのお誘いで DRAGON CLUB ( ドラゴンクラブ ) へ、うかがうことに。

横浜 中華街で、食事。
その後、東京 渋谷へ移動。
いつの間にか、夜になった。

DRAGON CLUB へ着地したのは、くしくも、イベント終了直後。
21時台のイベント終了は、予想外。
地元仙台のクラブのノリ「 朝までやっているだろう 」という考えで、空回った。

イベント終了直後で DRAGON CLUB の外に、客の男女や、アーティストがたまっている。

余韻 ( よいん ) にひたる者。
奇声をあげ、はしゃぐ者。
横浜の夜は、これからだ。

OZROSAURUS DJ SN-Z × Meubish

入り口のほうへ向かうと OZROSAURUS から DJ SN-Z ( ディージェイ・スニーズ ) さんが現れた。

DJ SN-Z「 初めて会った気しないね 」「 まえから注目してた 」「 YouTube 動画 チェックしてる 」

はじめまして、オジロ。
スニーズさんとお会いでき、感激。
本場 NY での経験を身にまとう雰囲気がカッコイイ。

OZROSAURUS MACCHO × Meubish

DJ SN-Z さんと話していた自分のまえへ MACCHO さんが現れた。

MACCHO「 メウビッシュ 知ってるよー 時たま動画チェックしてるよ 」

Meubish「 お、おぉ…!! マッチョさんじゃねーか !!! メウビッシュを知ってるのか !? ( 心で ) 」

日本が誇る本物のラップスター。

MACCHO さんの存在感に、ノックアウト。
圧倒されてしまった。
日本のヒップホップを背負ってきた存在感が神懸かってる ( かみがかってる ) のだ。

存在感だけで圧倒された経験は初めてだ。

「 俺なら耳元だぜ 」

今は、耳元どころか、目の前だ。

この神ラッパーをしっかり目に焼き付けようと MACCHO さんを凝視 ( ぎょうし ) せずにはいられなかった。
オーラなのか、身長、体格、ともに、想像よりデカく感じた。

そして MACCHO さんと、握手。

一発 ぶちかましてほしい

DJ SN-Z さんが、ラジオ ( Bad Fellas Online ) 用とオジロザウルスのミックステープ用に “一発 ぶちかましてほしい” というので DRAGON CLUB 向かいのパーキング裏で、プチ録音。

DJ SN-Z さんのスマートフォンへ、一発、即興をぶちかました。

オジロザウルス マッチョさんとハグ

DJ FILLMORE さんや、まわりのみんなと、ワイワイ話したのち、帰ることになり OZROSAURUS のところへ、あいさつに。

おふたりが駐車場で、何やら話し込んでいる。

DJ SN-Z さんと握手。
MACCHO さんと握手、ハグ。

MACCHO「 応援してる 」

マッチョさんのほうからハグしてくださったんだよね。
サグでイカつい方かと思いきや、品のある、紳士的 ( しんしてき ) な方で、ビックリした。

オジロザウルスには “耳元と目の前” で、一本取られた。

公開日:2011/07/28
更新日:2017/06/21