64DD ゲームコンテスト マリオアーティスト甲子園で入賞

ゲーム大好き、メウビッシュです。

今から約17年ほどまえの話だ。
16歳の少年のもとに、任天堂とリクルートの合弁会社「 ランドネットDD 」から電話がかかってきた。

ゲームコンテストでの入賞を知らせる連絡だ。

この記事では、私メウビッシュが NINTENDO64 ( ニンテンドウロクジュウヨン ) の周辺機器 64DD ( ロクヨンディーディー ) を使ったゲームコンテスト「 マリオアーティスト甲子園 」で入賞した話について紹介していきます。

64DD

任天堂のゲームハード NINTENDO64 の周辺機器で「 64DD 」という周辺機器がある。

NINTENDO64 の本体の下に取り付けて使う磁気ディスクドライブだ。
磁気ディスクドライブに専用のディスクを差し込みゲームをプレイする。

64DD を手に入れるには、会員になる必要があった。
会員制という形態をとり「 10万人限定 」というところを、実際の会員数は “1万人前後” だったといわれている。

ゆえに、出回っている数がたいへん少なく、かなり貴重、かなり入手困難な幻のアイテムとして 64DD はゲームファンの間で知られている。

会員制通信サービスの運営元は、任天堂とリクルートの合弁会社「 ランドネットDD 」だ。

幻の1万人

私はランドネットの会員、1万人のうちのひとりだった。
64DD を手に入れるには「 クレジットカード 」という、16歳の少年にはきびしい条件があった。

母にお願いして、なんとか手に入れた。
ゲームが ( 任天堂が ) 大好きだったからだ。

会員になってまで 64DD を手に入れたのだから 64DD を手にした会員は、よっぽど熱い任天堂ファンだといえる。

64DD を手に入れた理由

「 スーパーマリオやゼルダの伝説の新作が 64DD でプレイできそうだ 」

という期待も理由のひとつだ。

“10万人限定” と、あおられた効果もある(笑)。

ゲーム性でいえば、時計機能を内蔵しているなど「 斬新 ( ざんしん ) でおもしろそうだ 」という期待もあった。

「 ひさしぶりにプレイしてみると いつの間にか地面に草が生えている 」

時計機能のおもしろさだ。

しかも 64DD でインターネットができる。
当時の2000年ごろとしては画期的なことだった。

64DD は、夢がたくさんつまった NINTENDO64 の周辺機器だった。

マリオアーティスト甲子園

ランドネット主催「 マリオアーティスト甲子園 」というゲームコンテストが開催されることとなった。

16歳の私はマリオアーティスト甲子園へ参加することにし、入賞を目指した。

審査員は、ゲーム好きとして知られる、伊集院 光 さん、漫画家・餅月 あんこ さん、64DD ソフト開発チーム、クリエーター、という面々だ。

会報誌「 ランドネットFAN 」によると、審査ではメッセージやテクニックなども重要視されたという。

64DD でメウビッシュがつくったムービー

16歳の私がマリオアーティスト甲子園の入賞を目指し、つくったムービーは、ダンスムービーだった。

応募タイトルは「 踊る★ダンス捜査線♪ 」
ハンドルネームは「 ゲンガー大王 」とした。

こまかいことをやるのは好きだ。

64DD で、まず、おもしろおかしなキャラクターをつくった。
アフロヘアのキャラクターだ。
そいつに、自分で考えたオリジナルなダンスの動きをつけていった。
地べたでおどったり、一瞬、鳥のように空中にとんだり、といった動きだ。

そして、音声入力のマイクで「 YO ! 」という自分の声をふきこんだ。
ラップに傾倒 ( けいとう ) しはじめたころでもあり、ラップを意識した感じだ。
自分でつくった奇妙なボイスパーカッションのリズムに、定期的に “YO !” という声が響く。

そこに、アフロヘアのおもしろおかしなキャラクターが、おもしろおかしな動きのダンスを披露 ( ひろう ) していく。

こういう感じのオリジナルムービーだ。

ダンスムービー部門賞受賞

「 落選したのだろう… 」

ところが、ある日、任天堂とリクルートの合弁会社「 ランドネットDD 」から電話がかかってきた。

16歳の私は、ボロアパートの風呂場の水道まえで、あわてふためいた。
なんと “ダンスムービー部門賞受賞の知らせ” だった。

受賞者としてのコメントを求められた。

「 暗中模索 ( あんちゅうもさく ) でした 」とコメントさせていただいた。

そして、受賞者として「 3万円分の商品券 」を手にした。

奇抜な演出と、おもしろおかしなキャラクター、動きや BGM をオリジナルでつくったことなどが、功を奏した ( こうをそうした ) のだろう。

マリオの名のつくゲームコンテストで入賞することができ、光栄でした。

まとめ

NINTENDO64 の周辺機器 64DD と、ゲームコンテスト「 マリオアーティスト甲子園 」の入賞について紹介させていただきました。

約1万人の任天堂ファンしかしらないゲームの世界がそこにはあった。

当時2000年ごろは、まだまだインターネット黎明期 ( れいめいき )。
回線の通信速度はひどいものがあった。

しかし「 64DD とインターネットでこれからどんなことが起こるのだろう? 」という、近未来へ対する期待とワクワクに胸をおどらせた。

64DD で、メル友 ( メール友達 ) もできた。
64DD で、インターネットのたのしさを知った。
64DD は、たのしかった。

けっして忘れることなどできない。

ランドネットDD のサービスは、わずか1年ほどで終了、短命だった。
流れ星のように、一瞬輝き、そして、消えていった。

しかし、たしかに、私は、あの輝き「 ゲームでしかあじわえない感動 」を目撃したのだ。

公開日:2017/06/03
更新日:2017/06/05